整理整頓の秘訣は?

Posted 5月 22nd, 2015 by admin. コメントは受け付けていません。.

整理整頓が少し苦手な私にとって「使い終わったらすぐに片付けること」ってとても大切なことです。たとえば食後の洗い物。作って食べたはいいけど、洗い物は翌日までやらない…なんて経験ありませんか?やり終わった後って、面倒になってついついそのまま放置してしまうこと、ありますよね…。後は、読んだ本はしまわずに置きっぱなしとか、脱いだ服は脱ぎっぱなしとか…。たまにやってしまい後悔&反省しています。
そこで、やりっぱなしにならないためにも「すぐに片付ける」という習慣をつけるため努力しています。使い終わった後にすぐにしまえば、散らかることもないのですから。この話を友達にしたところ「分かる分かる」とかなり共感してくれました。友達も片付けや整理整頓は不得意なほうらしく、やりっぱなしにしてしまうことが多々あるんだとか。散らかるのを防ぐために、夜寝る前、ちゃんとしまったか・片付けたかを確認してから布団に入るといいかもしれないねーなんて話しました。
何はともあれ、整頓された部屋で気持ち良く暮らしたいものです。日頃から綺麗にすることを忘れちゃいけませんね。そういえば昨日読んだ本も、ベッドサイドに置きっぱなしでした。そういうところから、気を付けないとね。

魅惑の習い事

Posted 5月 7th, 2015 by admin. コメントは受け付けていません。.

私の友達はお花を習っています。彼女の家に行っていつも感動するのは、玄関にもリビングにも素敵なお花が活けてあること。「まだ勉強中なのよ」と謙遜しますが、十分立派なお花です。クリスマスの時期にはクリスマスのリースを作っていました。木の実だけでなく、たくさんのドライフラワーをリースにくっつけてあり、少し珍しい華やかなデザインは人目を惹くものでした。
彼女に影響されて私もフラワーアレンジメントの体験教室に行ったのですが、1回だけでも十分楽しかったです!お花の世界は本当に奥が深い。ドライフラワーを使った簡単な花かごを教えてもらったのですが、慣れないので少し歪な作りになりました。でも、初めて自分が作った花かごに嬉しくなり、家の玄関にさっそく飾ったんですよ。
それから本屋さんに行って色々なアレンジメントの本を探してみたのですが、本を読むだけではやはり分かりづらいことも。実際に先生から教えてもらうのが、いちばん身になりますね。友達にも勧誘を受けたので、私も近いうちに一緒に習い始めようかしら?なんて心が揺れています。
お花の他にも、ホットヨガやフラダンス、アロマなどやりたい趣味はたくさんあるので、どれから始めようか悩んでいます。

お弁当のすすめ

Posted 4月 21st, 2015 by admin. コメントは受け付けていません。.

本屋さんで手作りお弁当のレシピ集を買って以来、お弁当づくりに目覚めてしまいました!外食をすると一食でそれなりのお値段がしますが、お弁当を持っていけば0円です。一人で買い物に行ったり図書館へ行ったりするときにはできるだけお昼を持参するようになりました。行先によってはランチスペースがある場所もあります。図書館の下には利用者が自由に使える飲食用のテーブルがあるので、そこでお昼ごはんをいただくこともしばしば。借りた本を読みながらまったりランチタイムは、なかなか贅沢なものですよ。また、お天気が良ければ公園のベンチで食べるのも気持ちが良いですよ。休憩中のサラリーマンもベンチでコーヒーを飲んでいたりするので、あまり人目を気にすることなく過ごせるのが公園の良いところです。
また、お箸を使って食べるのが大変な場合は片手で食べられるサンドイッチもオススメです。ロールサンドにすればコンパクトになりますし、外で食べるには最適です。他にも、ハンバーガースタイルのものや、トルティーヤなど、アレンジは自在。レシピ集を見るだけで作るのが楽しくなります。毎回は大変だけど、自分が楽しく作れる範囲なら続けられそうです。これからも色々なバリエーションを研究してみるつもりです。

いつだってドキドキしていたい!

Posted 4月 6th, 2015 by admin. コメントは受け付けていません。.

女性はいつまでたってもドキドキしていたいものです。白馬に乗った王子様、小説に出てくるようなキメ台詞を言われてみたり、ドラマや映画の様な恋をしてみたい、新しい料理を食べてみたい、行った事の無い所に行ってみたい、そんなドキドキを忘れたくないと思うのが結構普通だと思うんです。なのでその感覚を求める場所はドラマであったり映画であったり、小説を読んだり新しいものに挑戦したりする事が多いのではないでしょうか。友達の恋話を聞いたりするのもいいですよね。恋のお話はいつも感情を起伏させます。最近はその感覚を新しい食べ物から感じています。本場の味を出してくれるレストランへ行くと、いつも驚かされるのです。インドカレーは実は辛くない物が結構多いとか知ってました?聞いたところによると、インドで実際に一般家庭で食べられるカレーのほとんどには余りお肉が入ってないそうです。他にはマレーシア料理やタイ料理。グリーンカレー、最初はどうしてカレーにココナッツ?と思っていましたが最近はまってます。あのこっくり感がたまりません。今度のお休みは近くに住んでいるお友達とタイ料理のお店でランチの予定です。その後はカフェでのんびりケーキですかね。今からもう楽しみでドキドキです。

肌荒れ模様、対応策は?

Posted 3月 22nd, 2015 by admin. コメントは受け付けていません。.

最近肌荒れに悩んでいます。食生活なのか睡眠不足なのか良くわからず、対処もわからず。まぁ確かにちょっと自炊をさぼってたけどさ。読みたい本がたくさんあって寝る前に読み出すと止まらなくてさ。たぶん原因は両方ですね。お肌のお手入れはちゃんとしているのですが、やっぱり体内からの原因は一番応えます。ということで昨日から食事改善を心がけてます。もし忙しくて自炊できなくても、バランスの整った、もしくは野菜い中心のお弁当を買ったりお惣菜を買ったり、おやつは控えめに水分はたっぷり取るようにしています。昨日の晩も、読みたい本を読んでいたのですが睡眠時間を確保する為早々と電気を消しました。さすがに昨日の今日ですのでお肌改善は見られませんが、しばらく続けようと思います。今日はお豆腐を買ってきたので豆乳鍋しようと思います。白菜ときのこもたくさん入れて健康そのもの料理です。お通じも良くなりそうです。老廃物を出さないとお肌も綺麗になりませんからね。あとはどっかで適度な運動を入れないといけませんね。あんまり激しいのは嫌なので、明日から散歩を取り入れてみようと思います。今日はしないのかって?まぁいいじゃないですか。

とある作家の全作品を通して

Posted 3月 7th, 2015 by admin. コメントは受け付けていません。.

とある作家の作品を、デビュー作から最新作まで一挙に読んだ時期がありました。その作家はデビューしてからもう十数年は経っているベテラン。多作な人で、全て揃えるまでが大変でした。レーベルによっては出版社が倒産していて、別の出版社のレーベルに収録されているものもありました。読むのがまた大変で、全て読み終わるまで1ヵ月くらい掛かりました。
さて感想は……というと、やはりどんな作家にも調子の良いときと悪いときがあるものなのですね。デビュー作は文句なく面白かったです。その後に続いた作品もすばらしいものでした。ところが、あるシリーズを完結させたのを境に、どんどんワンパターンになっていくんです。びっくりするくらい。同じ言い回しが続くこともありました。こんなに語彙力や構成力がない作家ではなかったはずなのにどうして……?ハラハラしながら更に読み進めていくと、ある作品で急に覚醒するんです。草創期の勢いと円熟期の華やかさが巧みにブレンドされていて、しかも新しい味がある。個人的に、1番好きだと思いました。
潜在的な作家志望者は数百万と言われる現在、デビューできても5年後、10年後と時を経るほどに生存率は下がっていくと言いますよね。その生死を分けるのは、もしかしたらどんなに調子が悪くても「一念岩をも通す」とばかりに書き続け、壁を叩き壊そうとする執念、なのかもしれませんね。実際のところはわかりませんけれど……。

べっこう飴

Posted 2月 20th, 2015 by admin. コメントは受け付けていません。.

べっこう飴がふと食べたくなったので、砂糖と水を合わせて作ってみることにしました。ショッピングセンター等に入っているレトロ風駄菓子屋に行くと、必ず購入してしまうのがこのべっこう飴。琥珀のような色と、シンプルでふくよかな甘さが大好きです。
最初はお鍋でがんばりました。でも、火加減が難しくて焦げつかせてしまいました。ほかにやり方はないのかとネットで検索をかけてみると、電子レンジで簡単に作れるレシピが見つかりました。そのレシピ通りに再チャレンジ。溶けた砂糖水を型に入れて……できた!あっという間に固まってしまうのですね。さっそく口に入れてみると、素朴な甘さが口いっぱいに広がって、何とも幸せな気分になりました。
必要最低限の材料で簡単に作れる分(私には簡単ではありませんでしたが)、昔の小説等にも時々顔を出すのがこのべっこう飴ですよね。口裂け女の怪談でもおなじみかと思います。あげるとおとなしく帰っていくという……彼女の童心に訴えかける何かがあるのでしょうか。
私がこれまで読んだ小説で特に印象に残っているのは、縁日で売っていたべっこう飴の話。戦前から戦後にかけての話で、やるせなくなったことを覚えています。ふと思い立ったら材料があって、失敗してもすぐやり直せて、ちょっと足を伸ばせば駄菓子屋にたくさん売っている。現代って幸せな時代なんですよね。べっこう飴を口の中で転がしながら、ふと胸が切なくなった1日でした。

ハンドケアの大切さ

Posted 2月 5th, 2015 by admin. コメントは受け付けていません。.

手荒れがひどくなったことがあります。あれは数年前の冬のこと。ちょっと油断してハンドケアを怠ってしまったのですね。ちょうど私の好みにドンピシャの作家を見つけて、毎日夜遅くまで小説のページを繰っていた時期でもありました。夢中になって読みふけった後はそのまま就寝。やがてシワシワになり、皮が剥け、ボツボツと湿疹ができてゆく私の手……。お風呂上がりにふと気づいたときには、大惨事でした。かゆいし、カサカサするし、うまくページを繰れなくなった上に痛い(!)し……。
水仕事はゴム手袋をして行っていました。ですから直接の原因は、小説に夢中になって就寝前のハンドケアを怠慢したことに加え、紙に手の脂を取られていたのと、ちょうど気候が極端に乾燥していたのと……複合的な原因が考えられます。
こんなに手が荒れたことは初めてで、ちょっと戸惑ってしまいました。ほんの1~2週間ほどでこんなになってしまうものなのか、と。とりあえずマメにハンドクリームをすりこむようにし、ラップパックなども駆使して保湿に取り組みました。すると、1ヵ月ほどで何とか元どおりになりました。
普段当たり前のように酷使しているからこそ、状態が悪くなったときに困りますね。勉強になりました。

付録の効果

Posted 1月 22nd, 2015 by admin. コメントは受け付けていません。.

ファッション誌を買うときは、いつも同じものばかり買ってしまいます。1度気に入ったものは、対象年齢層と自分の年齢が合わなくなるまでそのままです。そんなある日のこと、平積みされている雑誌類をぱっと眺めて、いつもと同じファッション誌を手に取ろうとしたそのとき。別の雑誌の表紙に、某ブランドのミニトート付き、と書かれているのが目を引きました。
そのブランドは私のお気に入り。ショッピングモールやアウトレットモールなどに出かけたときは、必ずチェックしています。これはもう買うしかないな!というわけで、物欲に負けてその雑誌を買ってきてしまいました。そのブランドの対象年齢層は、ちょうど私の年代。その付録を企画した雑誌の対象年齢層も、当然のことながら私の年代。おかげで見識が広がったように思います。雑誌が違うと、モデルやファッションの雰囲気も違いますよね。でも、特集によってはいつも買っているものより好みの特集が組まれていて、非常に参考になりました。
ファッション誌の付録になったブランドの価値は下がる、みたいなことを言われますけれども、私みたいな頑固者の目を引くためには必要なことなのでしょうね。見事に絡め取られてしまいました(笑)。

欲望あふれるウィンドウショッピング

Posted 1月 11th, 2015 by admin. コメントは受け付けていません。.

ウィンドウショッピングに出掛けると、つい物欲に負けて必要ないものまで買ってしまいます。雑貨屋めぐりをしたときなどが特にヒドイです(笑)。便利でかわいい小物に囲まれた生活、憧れます。あくまで「囲まれた」なのであって、あふれさせてしまっては意味がないのですが。折を見て断捨離したり、必要な人にあげたりしています。
服を見るのも好きです。服の場合は1人で見て回ることが多いですね。材質を見たり、試着したりしていると、どうしても他の人とペースを合わせられなくなってきてしまうので。
女子っぽいウィンドウショッピングを楽しんだら、最後は書店。なぜなら、本は雑貨や服と比べて重いから。雑貨屋めぐりをしたときよりも更に衝動買いしやすくなるのがわかっているので、こんなスケジューリングになります(笑)。
ショッピングモールには大きめの書店が入っていることが多いですよね。街中の書店ではなかなか置いていない専門書や洋書を取り扱っているところが多いので、見ているだけでも楽しいです。デザイン関係の専門書か、自然系・美術系の写真集が平積みされているのを眺めるのが特に好きです。気ままに手に取って、次。どの本を見ても美しいものばかりなので、癒されます。文庫や漫画、雑誌等も見て、買って、帰宅。買物って楽しいですね。